クラビット錠ジェネリック250mg500mgの副作用

クラビット錠の副作用は?

 

クラビット錠(250mg/500mg)の副作用として、以下のような症状があります。

 

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 下痢
  • 腹痛
  • かゆみ
  • 発疹
  • 痙攣

 

副作用といっても、いずれも軽い症状が多く、
重篤な症状に至る確率はきわめて低いです。

 

 

クラビット錠は抗生物質であり、
強い殺菌作用があることから、このような副作用が生じるのは、
ある位程度仕方がないです。

 

もちろん、副作用が強すぎて耐えられないレベルであれば、
すぐに医師に相談した方がいいでしょう。

 

しかし、症状が軽いレベルであれば、
様子を見ながら服用を続けた方がいいと思います。

 

途中で服用をやめると、
耐性菌ができてしまい、治療が長引く可能性があるからです。

 

副作用が気になる方はクラビット錠250mgを

クラビット錠

 

もし副作用が気になるのであれば、
量を減らすのが1つの解決策です。

 

クラビット錠500mgではなく、半分の250mgを選べば、
副作用の軽減が期待できます。